Complete Car

写真 ジムニー秘密基地ではお客様のご要望に会わせ、様々なパーツを組み合わせ、
 「クロカン仕様」
 「スポーティ仕様」
 「アドベンチャー系」
など貴方だけの一台を作ります。社外パーツが豊富なジムニーですが、パーツが多すぎて選べなくなる事や、 どんなパーツが必要でどの位の予算が必要なのか?みんなはどの位のチューニングをしているか?など、悩むこともあるでしょう。 又、新車時にパーツを組み込む事により、後からパーツを取り付けるより、かなりお得になる事があります。 お気軽にご相談ください。
2008.4.13ジムニー秘密基地においてスーパースージー誌『USER'S SPECIAL プライベートジムニー博物館』の撮影会が行われました。 ジムニー秘密基地にて販売したコンプリートカーも多数出ていますので、コンプリートカーをお考えの方は参考にご覧下さい!

>>2008.4.13 撮影会の様子

▲top

写真JA12・22ベースの初代「JIPNY」につづき、JB23ベースの[JIPNYU]を開発した。 平成10年にデビューしたJB23だが、衝突安全ボディの採用もあり、JA系ジムニーの様に クロカンで本格的に使用するには、補強しなければいけない部分も目立った。 マニアからは、 「ジムニーのボディは角ばっていないと!」「ジムニーのヘッドライトはやっぱり丸目!」 なんて言われた。そこで、丸目ヘッドライトの採用とフロント周りを大々的に変更する事にした。 ボディ全体の丸みを意識しフロント周りも丸みを帯びた形状になった。 FRP製品とするにはかなり高度な技術を要する形状の為、制作は超売れっ子FRPビルダーに依頼した。 勿論フィッティングは他社の追従を許さない!勿論、車側の加工は殆ど無い。2006年には東京ビックサイトで行われた、カスタムカーの祭典「AUTO GALLERY TOKYO 2006」に出展。 4WD・SUV部門で第2位を受賞した。 ザイン上冷却効率も抜群でメーター読みでハッキリ確認できる程。 機能的な点も見逃せない。

▲top

ビックスロットル

写真ATのジムニーには!!

純正スロットルボディを加工し10〜15%開口部を拡大!中低速加速がアップします。
絶対的に早くなるパーツではありませんが、「何時もより楽に坂道を上って行く!」、「街乗りが楽になった!」と言う声がよく聞かれます。
特にATのジムニーにおすすめです。純正中古品を加工する事により、リーズナブルな価格設定となりました。(要ノーマル下取り)

▲top

ギヤー比変更

写真「発進を楽に!」「トルクが欲しい!」

ジムニーチューニングの中で「発進をもっと楽にしたい」、「トルクが欲しい」と言った相談を良く受けます。その答えとして基地ではギヤー比変更をおすすめしています。
3インチアップなどのサスペンションキットを組み込んでいるジムニーは、6.50R16などのタイヤの外径が750mmクラスのタイヤを装着している事も多く、その時点で12%前後ハイギヤーになっていてトルクダウンしているのです。「純正サイズのスタッドレスタイヤを履いたら、加速が良くなった!」なんて場合が良い例です。 特に峠道やオフロード走行をされる方は、ギヤー比変更をするとその効果に驚かれる事でしょう!
ジムニー独自の構造のおかげで、前後のデフギヤーの変更無くトランスファー内部ギヤーを変更する事で、比較的簡単にセッティング出来るのも利点と言えます。
・ 装着対応ギヤー
 PRO-STAFF製トランスファーダウンギヤー
 インプスオート製 ロックロブスターなど

▲top

ハンドルジャダー対策

写真ハンドルのブレ、経験ありますか!?

70〜80kmくらいの速度で段差を超えた後、もしくはブレーキを踏んだとき「ハンドルが激しくブレる!」、「何となくハンドルがブレる気がする。ジムニーってハンドルがブレる癖があるの?」こんな経験はありますか??
このような場合、純正部品や社外部品を使って対策する必要があります。特に車高をアップされているジムニーの中には、色々な対策部品を使っても「何となく良くなった?」なんて事もあるでしょう。
基地では純正部品を使ったメンテナンスと、ハイブリッジファースト製「スーパーステアリングバンパー」を使って、確実に効果のでる形で対策しています。対策後はハンドルジャダーが治まるだけではなく、フロントタイヤの偏摩耗の防止や落ち着いたハンドリングも同時に手に入ります!

▲top

ファイナルLSDテクニカルショップ

写真当社はOS技研製ファイナルLSDのテクニカルショップです。 販売や取付はもちろん、LSD本体の分解&調整が可能なので、好みのセッティングもOK!
LSDの事なら何でもご相談ください。


▲top

サスペンション交換

写真「社外サスペンション=乗り心地が悪い」

と言うイメージが強いと思いますが、四輪駆動車の場合、荒地走行等で激しい衝撃を吸収する為、 やわらかめなセッティングもあります。
これはロングドライブでも乗り心地が良く、ジムニー独特のリヤサスペンションの跳ね!も解消されます。 又、スポーツ走行性能を重視したサスペンションもあり、選択に苦労する事でしょう。基本的には乗り心地が良くて、ストローク(サスペンションの動く量)を十分使いきれるような サスペンションをお勧めしています。町乗り〜オフロードコースまでをカバーできるサスペンションも多数あります。
ご購入をお考えの際は、ご相談・アドバイス等もさせて頂いておりますのでお気軽にご連絡下さい。

>>ジムニー秘密基地オリジナルサスペンションはこちら

※各、ジムニーショップのサスペンションを取り寄せ可能です。

▲top

お問合せ

お気軽にお電話下さい!  0120-373-413 株式会社カマド内ジムニー秘密基地